ホーム > 歯周病治療

歯周病治療

歯周病治療
当院では、切らない、麻酔も必要ない、除菌治療を中心に行っています。

歯周病治療の流れ

(下記の内容は常にすべてを実施するものではなく、歯周病の罹患状態によります。)

問診

検査(歯周ポケット検査、出血度、歯牙の動揺度、レントゲン、CT、位相差顕微鏡検査、
    リアルタイムPCR法細菌検査)


治療方針の相談
プラークコントロール(歯磨き等)指導


歯周内科治療(投薬による除菌)

SRP(見えるところや見えないところの歯石をとり、滑らかにします)
 ・分割SRP
 ・一括SRP


(場合により、歯周外科処置)

定期検診
マウスピースによる家庭での除菌
除菌処置

歯周病は歯周病菌が中心となって進行していくものですが、普段でもお口の中にあるカビ菌も
形を変えて大きく手助けしている可能性があると考えられています。
当院では、下記の細菌検査を踏まえて、抗生物質+SRPの除菌処置に加えて、歯周内科治療と
呼ばれるカビ菌を抑える方法も取り入れております。
 

細菌検査

当院ではご相談の上で次の細菌検査をお願いしております。

・位相差顕微鏡(無料)
位相差顕微鏡により5分位で歯垢の細菌的な状態をおおまかに見ることができます。

・リアルタイムPCR法細菌検査(保険適用外)
下図のように歯周病菌の種類と量を精密に特定します。(検査数分、一週間後結果)

細菌検査と除菌検査の結果表
 

歯槽骨再生療法

歯周病で失った骨を外科的な処置をおこなって再生するものです。
全てのケースに適応できるわけではありません。

一度に歯2本分位までが限度で、費用は使用する薬剤により3~5万円です。