医院ブログ

2014年1月30日 木曜日

広告:顎関節症も当院でしっかり治療しましょう

顎を動かすと音がする、物を噛んだり口を開けたりすると顎が痛むという症状がある方は顎関節症かもしれません。

顎関節症の方には、上下の歯を長い間接触させている癖や、ブラキシズムといわれる上と下の歯を強く接触させる行為、つまり歯ぎしりやくいしばりなどが多く見られることが分かりました。
これらの行為は、顎関節症だけでなく、歯周病や知覚過敏、肩こりという症状も招く恐れがあります。

この状態を解決するため、以前はマウスピースが用いられていましたが、不要に噛むという癖そのものを無くすため、当院ではイメージトレーニングも用いた治療を行っています。

歯の健康は、身体全体の健康にも関わります。
当院は、様々な視点から地域の皆様のお口の健康を守ります。
歯のお悩みなら、どんなことでも深江橋の当院にご相談ください。

投稿者 吉田歯科医院