ホーム > 顎関節症・TCH

顎関節症

顎関節症を自覚している方、楽な状態のときに上下の歯が触れていませんか?

顎関節症

現在では、生活習慣の改善と自分で行える簡単な機能訓練によってほとんどのケースが治るようになってきています。 当院では、下記の治療法を組み合わせて対処しております。

・生活習慣の改善(悪い癖の是正、TCH及びブラキシズムの改善)
・運動療法(ストレッチ等)
・急性症状のときは一時的にマウスピースを使用するときあります。

TCHとブラキシズム

TCH

そもそも人の上と下の歯は、食事、会話、嚥下のとき以外は離れているもので、一日のうちで上下が接触しているのは 正常なら17分~20分位と言われています。

しかし、東京医科歯科大学歯学部 顎関節治療部部長、木野孔司先生のグループは、日常的に無意識に上下の歯を長時間接触させる癖が、顎関節症で来院する患者さんにとても多いことを発見しました。
その癖にはまだ名前がなかったため、木野先生がTCH(Tooth Contacting Habit)と名付けられました。

ブラキシズム

歯ぎしり、噛みしめ、くいしばりなども含めて、昼夜にかかわらず、上と下の歯を強く接触させる行為を総称してブラキシズムと呼んでいます。

このブラキシズムやTCHは、顎関節症に限らず、歯周病、歯の破折、歯の詰め物の破壊、歯の知覚過敏、歯肉退縮、歯の摩耗、肩こり、等々さまざまな疾患と関連があると考えられています。
また、自覚しないでこれらの癖を持つ人がかなりの高率になることも分かってきています。

対処法

治療にあたって、以前はマウスピースがよく用いられていましたが、マウスピースは24時間はめるわけにもいかず、はめていても、不必要に噛むといいう癖が治されないので、はずしているときには野放しの状態と言えます。

現在は行動療法と言われるイメージトレーニングのような方法を用いて、悪い癖そのものを減らす、無くすようにします。
これらの指導は当院でも行っておりますが、顎関節症の治療とTCHの是正について知りたい方は、「完全図解 顎関節症とかみ合わせの悩みが解決する本(木野孔司著、講談社)」でも 一般の方でも分かるように詳細に述べられています。